遺言を自分で作成する方法を教えてください。

遺言をすべて自分で作成するときは、自筆証書遺言の方法により作成します。
自筆証言遺言の要件は、遺言の内容の全文と日付を自署し、署名、押印することです(民法968条1項)。
全文と日付は、自署つまり自分の手書きで書かなければなりません。代筆は認められませんし、ワープロ、パソコンによる文章の作成も認められません。
日付は、遺言は最後のものが有効なものとされ、前の遺言で最後のものに矛盾するものは撤回されたものとされることから、かなり厳格に取り扱われており、日付の記載がなければ遺言は無効になります。また、暦上の特定の日を表示するものでなければならないので、平成○年○月吉日というような記載ではいけません。平成(西暦)○年○月○日という記載をしておけば問題ないでしょう。
署名は、もちろん自分の手書きでなければなりませんが、必ずしも戸籍上の名前である必要はなく、通称や芸名でも良いとされています。もっとも、後の争いを避けるためには、戸籍上の氏と名をきっちり署名しておくのが良いでしょう。
押印は、認印でも良いとされています。指印については、有効と認めた判例(最判平成元年2月16日民衆43巻2号45頁)もありますが、この判例には反対意見もついていたため、有効性について判例が覆るおそれもないとは言えません。ですので、指印ではなく印鑑を用いる方が無難でしょう。

アクセス

船橋駅北口徒歩5分

千葉県船橋市本町6-2-6
扇屋ビル3階(地図はこちら

交通

  • JR船橋駅北口徒歩5分
  • 東武船橋駅徒歩5分
  • 京成船橋駅東口徒歩8分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

船橋を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート