特別縁故者として相続財産の分与を受けるには、どのような手続を取れば良いのでしょうか。

相続人の不存在を確定させる手続と特別縁故者としての相続財産の処分の申し立ての手続の二つの手続が必要です。
まずは、相続人の不存在を確定させる手続があります。相続人がいるかどうか明らかでないときは、利害関係人が相続財産管理人の選任を申し立て、家庭裁判所はその旨を公告します。そして、公告の後2ヶ月が経過しても相続人が現れなければ、相続財産管理人は、相続債権者・受遺者に対して2ヶ月以上の期間を定めて債権の申出を行うように公告を行います。この期間を満了しても相続人が現れないときは、家庭裁判所は、相続財産管理人または検察官の請求で6ヶ月以上の期間を定めて、相続人の権利を主張するように公告します。そして、この広告期間が経過しても相続人が現れないときに、相続人の不存在が確定します。
相続人の不存在が確定しますと、特別縁故者は、家庭裁判所に対して、財産の分与を請求できます。この請求は、相続人の不存在を確定させる期間が完了した後、3ヶ月以内にしなければなりません。特別縁故者は、この請求が認められれば相続財産から財産を受け取ることができます。

アクセス

船橋駅北口徒歩5分

千葉県船橋市本町6-2-6
扇屋ビル3階(地図はこちら

交通

  • JR船橋駅北口徒歩5分
  • 東武船橋駅徒歩5分
  • 京成船橋駅東口徒歩8分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

船橋を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート