刑事・少年事件の無料相談

何らかの犯罪の嫌疑によって、警察に逮捕・勾留された場合には、警察の留置施設で身体拘束を受けることは被疑者本人に様々な意味で重圧を与えるものです。会社員の場合には、会社を欠勤することになり、数日であれば方便が通用するかも知れませんが、それ以上欠勤が続けば会社に事態が知られることになり、懲戒解雇となる場合も十分考えられます。また、身柄拘束中での取調は、在宅での取調と異なり、重圧と情報不足の中ともすれば孤立した状態の中での取調となるため、取調官の言うがまま、不当違法な供述調書が作成されてしまうことも多々あります。その結果被疑者が容疑を認めている自白事件でも、事実よりも悪質な犯罪態様と認定され、通常よりも重く処罰されることも少なくありません。その意味では、逮捕勾留中の取り調べに対してどう対応していけばいいのか、違法不当な取調がなされた場合にどう対応すればいいのかについて、弁護士が適切に助言指導する必要性は大きなものがあります。また、被疑者本人は大半はそのような逮捕勾留を受けるのは初めての方ですので、刑事手続が今後どのように進んでいくのか、いつ自宅に戻ることができるのかについても気になるものです。その意味でも、弁護士が被疑者本人に対して刑事手続の流れや釈放の見込みなどを適切に助言することが重要な意味を持ってきます。このような意味合いにおいて、逮捕、勾留された場合には、様々な重圧からの解放、取調べの適正化、そして早期の身柄釈放を目指して、できるだけ早く弁護士に依頼することをおすすめします。

逮捕中は、弁護士のみが接見することができます。弁護士は逮捕段階で接見して今後の刑事手続の説明、取調べに対する対応の仕方や注意点を助言指導したり、弁護士が刑事弁護を担当することによって精神的重圧から解放し、違法不当な取り調べを阻止します。

勾留段階では接見禁止処分がなされない限りは、被疑者家族を始め弁護士以外の者は被疑者本人に面会できるものの、日平日中に1日1回で警察官立ち会いで15分程度しか面会できないため、家族の励ましにも限界があります。家族から取調に関しての留意点などの指導をすることも禁止されています。他方で、弁護士は夜間土日祝日の如何を問わず被疑者本人に接見でき、取調べに対する対処方法を助言指導したり、取調状況から捜査当局がどの程度証拠を収集しているのかも把握することができます。さらには、違法不当捜査があれば検察官や警察官に抗議し、後日供述調書の任意性、信用性を争うための弁護活動を行います。

逮捕されると警察は48時間以内に検察官に事件を送致して(全件送致主義)、検察官は24時間以内に裁判官に勾留請求することになります。しかし、逮捕段階で弁護士に刑事弁護を依頼した場合には、勾留請求に先立って弁護士は弁護人として検察官と交渉して勾留請求しないように働きかけます。本人が被疑事実を認め事案が軽微で本人の身元が確かであれば釈放されることも少なくありません。弁護士の働きかけにも関わらず、検察官によって勾留請求された場合には、弁護士は勾留請求を審理する裁判官に面会をして、本人の反省状況、事件の軽微性、本人・家族の示談取付の意向を裁判官に訴えることで、担当裁判官が勾留決定をしないで釈放となることもあります。勾留決定された場合には、被害者と交渉して速やかに示談を取り付けて、軽微な事案であれば不起訴処分となり釈放されます。

当弁護士法人では、このような起訴前段階の刑事弁護の重要性から、弁護人選任権を有しているご家族様からの無料法律相談に応じております。

また、被疑者のご家族の要望があれば、直ちに、警察署に出向いて本人に緊急接見する体制を整えております。緊急接見では、担当弁護士が本人に対して、取調への対応に当たっての注意点、違法不当な捜査への対処方法や今後の刑事手続きの説明や様々な重圧からの解放に取り組んでおります。逮捕勾留段階でご依頼があった場合には、早期の示談取付による不起訴、釈放に向けて全力を尽くしております。それによって多数の方が不起訴となっております。起訴された場合には、複数の弁護士での刑事弁護活動によって、示談取り付けや被害弁償などをすることで、執行猶予判決を多数勝ち取っております。

当弁護士法人では、皆様に『気軽にご相談いただけ依頼していただける法律事務所』を目指し、また、皆様に弁護士の元にご足労いただくとの弁護士界の一般的な考え方を改め弁護士が皆様の元に出向いていくとの発想視点に立脚して、船橋支店をはじめとして、他本支店にて、刑事事件の無料法律相談を、予約制(0120-778-123)にて実施しております。

ただし、相談者は被疑者ご本人(在宅事件ないし逮捕前)ないし弁護人選任権を有しているご親族の方に限定させていただいております。

緊急接見については、1回について弁護士費用(税・実費別)として5万円をお願いしております。なお、遠方の場合には別途費用は協議とさせていただいております。

ご相談はこちらから

  • 痴漢・盗撮弁護特設サイト
  • 債務整理総合相談室
  • 交通事故・弁護士相談室
  • 離婚相談特設サイト
  • 刑事弁護
  • 相続相談
  • 法人破産特設サイトオープン
  • 少年事件相談室

アクセス

船橋駅北口徒歩5分

千葉県船橋市本町6-2-6
扇屋ビル3階(地図はこちら

交通

  • JR船橋駅北口徒歩5分
  • 東武船橋駅徒歩5分
  • 京成船橋駅東口徒歩8分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

船橋を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート